ABOUT / CONTACT
PUREJAM
facebook
MENU
TOPICS
PROFILE
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
RECOMMEND
auguries
auguries (JUGEMレビュー »)
the sleeping beauty
RECOMMEND
RECOMMEND
liv
liv (JUGEMレビュー »)
the sleeping beauty
RECOMMEND
OTHERS

PUREJAM.org

purejam makes you happy!
<< Norwegian Wood (This Bird Has Flown) | main | 思いつくままにしゃべり続けろ [タングステン・ヒューズ] >>
ゴ ダ ー ル の リ ビ ン グ / Jul.3rd.2004 



L e  s a l o n  d e  G o d a r d

ゴ ダ ー ル の リ ビ ン グ



Date&Time 2004/7/3 Sat. 20:00-5:00
Fee 2500yen (w/2drinks)
Style Between HomeParty and Club
Concept ブルジョワな友達のリビングで体験する優雅で唐突なイリュージョン
Genre House,Soul,Jazz,Bossa,Electronica...etc
DJ  Haru,Tatsuro,Masaru,Manami,Kaiwasa,Miyata,Chishiki
VJ Taro,Miki,Miyata,Chishiki
Live EUREKA,Ryuji Fukuda,Sakurai

Place  Bul-let’s(Roppongi)


六本木駅 徒歩7分。日比谷線2番出口又は大江戸線4b出口を出て六本木ヒルズを左手に見ながら、六本木通りを西麻布交差点方面にまっすぐ歩き、六本木六丁目のバス停を過ぎて二本目のT字路(alifeの手前)を右に入り、またすぐ左。道の左側2軒目のビルのB1F。
(03-3401-4844,東京都港区西麻布1-7-11 霞ハイツB1F)

-GMAP-
携帯電話に地図を送信。
ここをクリック!→




「中国女」や「気狂いピエロ」などといったゴダールの映画には、
理由も無く数名の若者がブルジョワな家に集い、パーティをするシ
ーンが時々出てきます。若者たちは芸術を唱え、革命を唱え、愛と平和
を唱え、外の世界への働きかけを行うけれども、結局は幼稚な思い
つきと衝動的な寒いギャグの空騒ぎに帰結し、シニカルに破綻する
のは決して共産主義の崩壊を予見していたからではなく、そもそも
が単なるポップなファッションに過ぎなかったからのような気がします。


そんなゴダールの映画のワンシーンをカットバックで想像しつつ、
自由奔放で気まぐれで優雅なブルジョワをきどりながら、
いい音楽と不思議な映像と素敵なライブとおいしいお酒を広々
としたリビングのような空間で一晩中楽しむパーティをブレッツで開催いたします。


ブレッツは靴を脱いでじゅうたんの上にあがるちょっと変わったク
ラブで、クラブっぽくフロアで盛り上がる一方、ソファやベッドで
リラックスしながらまったりすることもできます。ホームパーティ
とクラブの中間のどこかを探りながら、ワン・アンド・オンリーな
空間をご提供するアットホームでリラックスしたパーティです。友
達の家に遊びに来るような感じでお気軽にお越しください。
お誘い合わせの上いらしていただけると幸いです。



M e n u

20:00 Debut,Manami/DJ
21:00 Sakurai/LIVE
21:30 Kaiwasa/DJ
22:00 EUREKA/LIVE
22:30 Masaru/DJ
23:30 Miyata/DJ
0:30 Ryuji Fukuda/LIVE
1:00 Chishiki/DJ&VJ
2:00 Tatsuro/DJ
3:00 Haru/DJ
4:00 Dos a dos
5:00 Fin


Photograph:samatamiyuki

Flyer&images desined by nem



P r o f i l e


◆Taro/VJ 1978年生まれ。高校時代は友達を作らず、誰とも話さず、あまりにも無口だったため、「おしゃべり」という、あだ名を付けられる。98年より映像制作、および都内某所でのVJを始める。また、自身のバンド『タングステン・ヒューズ』を結成。7月のLIVEも決定している。

◆Sakurai/LIVE 197*年生まれ。ドーナツ職人の息子として生まれる。幼少時よりツイストドーナツと音楽に馴れ親しみ、1995年「たしなむ程度にツイストを」でデビュー。その後シングル「きなこねじり」を発表するもヒットせず。最新作は「世界の隅でぽそり独り言」。やはりあまり売れてないよう。

◆Ryuji Fukuda/LIVE フクダリュウジ:シンガー、トラックメイカー。好みの音楽は、soul, jazz, bossa, house, 歌謡曲。主に都内クラブ、ライブハウスでシンガーとして活動中。自身の音楽活動のほか、音楽クリエーターとして、mc, designerなどのライブ、制作活動に参加する。http://www.geocities.jp/r2mellow/

◆Chishiki/DJ&VJ 1993年ジミーペイジ中学卒業、1996年フリッパーズ高校卒業。同年マンチェスター大学に入学後、イタリア料理の定食屋でバイトをするが、店長が失踪したため失職。2000年に同大卒業後、現在、モンマルトルの中華街で古物商の見習い。現在、ClassicをDJに取り込むことに真摯に取り組んでおり、その成果は7/24(Sat)の夕刻、恵比寿エンジョイハウスにて公開予定。

◆Masaru/DJ 1978年生まれ。高校時代に東京世田谷を代表するバンド、Fishmansとの出会いに衝撃を受け、バンド"Steadys"を結成。サウンドはRocksteady、Dub、Soulをベースとし、都内各所でライブを展開する。1999年のアメリカ公演ではたった2曲の演奏にも関わらず200人を動員し、アイオワ州全土を震撼させた。帰国後はギターを捨て、DJ活動を開始。Deephouseをメインに都内各所で活動中である。ナイトウナイト@enjoyhouse、花鳥風月@宙のresident DJをつとめる。スケジュールは6/27(sun)hours@SHIFTY, 7/24(sat)ISAO&SOUL@enjoyhouse

◆Miyata/DJ 1977年東京生まれ。中学時代に電気グルーヴに出会い、道を踏み外す。第2のケン・イシイを目指すが、挫折。同時にコース復帰。躁状態の高校時代、次第にうつむき加減な大学時代を経て、2000年より現職。メインストリームを歩むかに見られたが、2003年よりDJを始め再び道を踏み外そうとしている。

◆Kaiwasa/DJ 小学校時代に全盛期を迎える。サックス奏者としてローリング・ストーンズの世界ツアーに参加するも、ソロの場面で何も吹けなくなる、というように夢の中でさえも夢を見ることができないニヒリスト。そんな彼のネガティブな発言はある意味マイナスイオン(みうらじゅん談)とも言われ、聞く者の心を癒すこともあるらしい。

◆EUREKA/LIVE ユリイカ。2002年結成。印象的なボーカルと奥行きのある音像を特徴としたインディーズ・ロック・バンド。2003年8月に発売したシングル「蝉」はその後話題を呼び、現在では有線放送でもヘビー・ローテーションされている。2004年4月、1stミニアルバム「希い(ねがい)」を発売し、神戸・大阪・名古屋・東京4ヶ所をめぐる関西ツアーを敢行。レコ発ライブをロックの殿堂・神戸チキンジョージで行う。下北沢251、クラブチッタ川崎など、都内近郊を中心にライブ活動を行いつつ、渋谷や新宿でのストリートライブや各種イベントなどに参加している。Vocal:ゆりいか、Guitar:河村和宏、Bass:好川裕也、Drums:石間章朗。LIVEの予定:7/9(Fri)赤坂グラフィティ、7/11(Sun)渋谷eggman。詳細はオフィシャルサイトhttp://eureka.st/をチェック。

◆Haru/DJ 「会社と自宅の往復が嫌で・・・」を理由に、社会人1年目の5年前の夏、ボーナスでターンテーブルを衝動買いしてから活動を開始。以後、R&B〜HOUSE〜JAZZまでジャンルにとらわれない自由な選曲は周囲の「選曲がエロい」という批判を浴びることになる。MIX・ENJOY HOUSE・CORE・恵比寿駅前食堂・音・DUG・出会い系パーティ等、時と場所を選ばない節操のないプレイは好評を得、現在では奇数月第三土曜日に青山MIXでの「ゆらぎ」や偶数月第二土曜日の「CANDY@ENJOYHOUSE(恵比寿)」のレギュラーDJとしてエロく、そして楽しい選曲を奏でている。

◆Miki/VJ 小学生なら今年で卒業してしまうほどのVJキャリアを持つ、散歩と美術館めぐりとボルダリングが趣味のVJ。最近はGREEのリンクを増やすのにはまっている。同じ趣味の持ち主、GREEでリンクをはってくれる人、ならびに結婚相手を募集している。気になる方はブースまで。

◆Manami/DJ きのこ狩りを極めるべくフィンランドに渡っていたがホームシックにかかりこの春帰国。フィンランド音源を盛り込みつつ、ジャズを中心に幅広い選曲でプレイ。最近はまっているのは野菜しゃぶで、「おかひじき」は外せないらしい。本人曰く、歯ごたえ最高。

◆Tatsuro/DJ now printing...


◆nem/Desing 1980 年東京生まれ。2000 年より自身のポートフォリオサイトとしてウェブサイトをオープン。同時に「nem」として活動を開始。以後、印刷媒体、web 、映像とジャンルを問わず活動中。主な活動としては、nikekids ウェブサイト制作、dgv'Romantik'への作品寄稿、noemu magazine への作品寄稿、など。主に海外の出版物に多く作品を寄稿している。http://www.nneemm.com/
| ゴダールのリビング | 12:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.purejam.org/trackback/642724