ABOUT / CONTACT
PUREJAM
facebook
MENU
TOPICS
PROFILE
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
RECOMMEND
auguries
auguries (JUGEMレビュー »)
the sleeping beauty
RECOMMEND
RECOMMEND
liv
liv (JUGEMレビュー »)
the sleeping beauty
RECOMMEND
OTHERS

PUREJAM.org

purejam makes you happy!
<< Piano to Guitar | main | Bossa Nova, Post Rock, Side by Side >>
絵本
おしゃべりしていればだいじょうぶ
おしゃべりしていればだいじょうぶ
五味 太郎

ども。オレオレ系のいわさきです。
なんだかんだいって結局いっつも自分の話しかしないからオレオレ系なのです。ブログについても然りですね。
でも、そこまで自分としては自己顕示欲が強いわけではない(と思っている)ので、もちょっとソフトにおれおれ系がいいかな、なんて思ってます。えへ。
どうしても長くなってしまうので、しゃしゃり出ることなくこっそりと書き込むことにします。

ところで、時々無性にしたくなることってありますよね?
例えば、時々無性にコーラが飲みたくなるみたいなことです。
僕の場合で言うと、時々無性にひとりで高尾山を一心不乱に上って下りたくなったり、時々無性にひとりで動物園に行って猿山を見ながら黄昏たくなったりしてしまうことがそれにあたります。
これにもうひとつ加えると、時々無性にひとりで図書館に行き、絵本コーナーで2、3時間絵本を読みまくりたくなる、というのがあります。

3時間もあれば、100冊弱は読めると思います。
速読とかって目の動きをトレーニングすれば5分で新書が1冊読めるらしいですが、全然ぬるいです。
が、その代わり読み終わった後はものすんごく疲れます。
イメージやら色彩やら言葉やらで脳が埋め尽くされてしまう感じです。ヘビーっちゃヘビーですな。
席が空いている時はちびっこ用の小さいイスに座ることもありますが(プチエコノミー症候群になるけど)、ちびっこが占領している時は立ちっぱなしになるので、そんな時は足が棒のようになってしまいます。
絵本といえども大人が書いているものなので、なかなかあなどれないです。

日曜に暇すぎて何もすることがないからといって不本意ながらも惰性で「新婚さんいらっしゃい」を見てしまうくらいなら、図書館に行ってちびっこ達に囲まれながら、保護者達の突き刺す視線を感じながら絵本を読み耽る、というのもなかなかおつだと思います(すいません。もし番組のファンの方がこれを読んでいたら、決してばかにしているわけではないので、どのように見ればあの番組を楽しめるのかを伝授してください)。

これまた余談ですが、金が無いと遊びもそれにともなって質が低くなる、ということは無いと思います。
金が無くても楽しい遊びはあるんじゃないの?ってことを常々思っています。
先日、日曜の新宿で昼間っから開放された居酒屋でジャズのセッションを聴く機会がありましたが、おじいちゃんおばあちゃんがたくさん聴きにきておりました。投げ銭ライブということで、基本的にはタダです。が、みなさん楽しみ方を知ってるのですね。お客さんのうちの1人が、ほかのお客様にどうぞということで、シュークリームをお土産として会場のみなさんに配っておりました。こういうのってなんかいいですよね。ライブが終わったら終わったで、夜の営業に備えてさっさと撤収するところもほほえましかったです。
大人の遊びってなんなのか、についてちょっと考えさせられました。

唐突ですが、就職活動の時って就職マニュアルとして何か読んでましたか?
僕の場合はメンタツでも絶対内定でもなく以下の3冊になります。

中島らも『明るい悩み相談室』
秋月りす『OL進化論』
そして
五味太郎『大人問題』

面接というのが苦痛で苦痛でたまらなかった僕は、学生時代にこれといったことをやってなくて、自信なんて皆無で、自己PRできるものなんて何一つなかった僕は、まともに面接を受けたところで勝ち目はないと思い、せめて頭を柔らかくしとこうと思って、上記の3冊を読んでました。成果のほどは怪しいですが、かろうじて今の会社に拾ってもらったので結果オーライということになりますでしょうか。面白かったからまぁいいか、とも思ってます。

よく、好きなお笑いは?と聞かれて
ラーメンズ、みうらじゅん、と答えると決まって
それはお笑いじゃないよーと言われるんですが(曰くお笑いの範疇を超えているとのこと)、
好きな絵本作家は誰ですか?という質問に対して
五味太郎と答えても誰も異を唱えないと思います。
でも、この人は絵本という枠組みこそあれ、そのの中でいろんなことをやっているので、絵本という括りだけで捕らえることはできないんじゃないかな、と思います。

氏の絵本はみなさん何かしら読んだことがあるんじゃないでしょうか?

それではここで、氏の最新インタビューをお読みください。

五味太郎インタビューその1

立て板に水。実に明解。うーむ。決して難しいことを言ってるわけではないけど、頭でっかちな自分にはかなり響きました。みなさまはどう思われましたか?

ついでにもうひとつ紹介しておきましょう。

五味太郎インタビューその2

いかがでしたでしょうか?
ちなみに今僕が会社の行き帰りに電車で読んでいるのは重松清の明日があるさです。
エッセイ集なので軽く読めますが、考えさせられることが多いです。

つぶやきに付き合ってくださってどうもありがとうございました。
ほな、また。


追伸
全然関係ないんですけど、これなんかどうですか?

古内東子インタビュー

かつて女心を理解しようとしてOLの教祖岡村孝子と女子大生の教祖古内東子を聴きこんだことがあります。
結果どうなったかって?そんなもん聞くまでもないでしょー!
| つぶやき | 17:01 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
自分でコメントしちゃいます。
僕の文章はともかかく、インタビューはなかなか面白いと思うので、気づいた方は読んでみてくださーい。
| iwasaki | 2005/06/22 12:37 PM |
同じく俺も頭でっかちなんで目からウロコです。考えるよりまず行動、というのは最近の自分のテーマなんで妙に符合していてびっくり。

あと、女の作った音楽聴いても女心なんて理解できないと思いまーす。女の考える女心と、男が理解すべき女心は別のものだ、きっと。
| いちへい | 2005/06/24 11:38 PM |
ですよねー。

では、男が理解すべき女心ってなんなんでしょーか。
むむむ。あ゛−、めんどくせーー!
なーんてゆってるうちはダメなんでしょーね。いかんいかん。
しょ、精進します。
とかいって、精進の仕方を間違えないようにしたいと思います。
てゆーか、愛ある生活がしたいです。
| iwasaki | 2005/06/26 11:20 PM |









http://blog.purejam.org/trackback/191347